Psホワイトクリーム〜メラニン色素がシミになるメカニズム〜

シミが発生してしまう主な原因は紫外線であるという認識を持ってる人は多いのではないでしょうか。

 

Psホワイトクリーム,メラニン色素

 

肌が紫外線の影響を受けると、メラニンという呼ばれる色素が作られます。

 

メラニン色素は、細胞の中にあるメラノソームと呼ばれる場所に溜まって行くのです。

 

本来であれば代謝により蓄積したメラニン色素が排出されるので色素沈着を起こさずにすみます。

 

ただ老化や肌の代謝の乱れによって排出されるはずのメラニン色素がそのまま皮膚の残ってしまうことがシミの発生原因になります。

 

メラニン色素がいきなり発生するわけではない

紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に分泌されます。
しかしいきなりメラニンが作り出されるわけではありません。

 

肌表面に紫外線を浴びてしまうと、

 

  • メラノサイト
  • ケラチノサイト

 

といった皮膚細胞にダメージが起こります。
メラノサイトは角質層の一番奥にある層で色素細胞を指しいわゆるメラニン色素を作り出す細胞になります。

 

メラノサイトが紫外線のダメージによって活発に働きチロシンと呼ばれる物質を作り出します。

 

チロシンチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素によってドーパーと呼ばれる物質に変化させドーバーが酸化しドーパキノンと呼ばれる化合物となり最終メラニン色素に変化します。

 

その結果メラニン色素が必要以上に分泌されてしまいます。

 

過剰に分泌されたメラニン色素が表皮細胞であるケラチノサイトにどんどん蓄積していってしまうことで色素沈着をおこしシミができます。

 

そのためPsホワイトクリームのような美白成分の働きでいかにメラニン色素の分泌を抑えれるかが大事になってくるんですね。

 

通常であれば排出されるはずのメラニン色素が蓄積されてしまう

Psホワイトクリーム,メラニン色素

 

肌は、4層から成っています。
肌の最も深い場所にある細胞は分裂し、徐々に肌表面へと押し上げられます。

 

最終的には角質へと変化をして、洗顔時や摩擦により剥がれ落ちるのです。
メラニン色素も同じで本来であれば少しづつ肌表面に押し上げられ排出されるはずなんですね。

 

いわゆるスキンケア方法や美容商品の紹介などで目にする事も多い「ターンオーバー」と呼ばれるものですね。

 

平均すると1ヶ月程度のサイクルで肌のターンオーバーが行われています。
ターンオーバーによって、メラニン色素は他の古い細胞と一緒に剥がれ落ちるのです。

 

しかし、長時間もしくは夏場などの強い紫外線の影響を受けると、メラニンの生成が活発になります。
肌細胞に強い刺激が加わるためです。

 

  • 年齢を重ねたり
  • 紫外線を過剰に浴びる
  • 肌への刺激
  • ストレス

 

など様々な原因で、ターンオーバーが行われるサイクルは乱れてしまうのです。
そのため、メラニン色素も蓄積され、メラニンの生成に対して肌のターンオーバーが追いつかず排出されない状態となります。

 

そのメラニンが色素沈着を起こしたものがシミなのです。

 

肌に色素沈着を起こしてしまっているため、簡単な洗顔やスキンケアでは落とすことが出来ませんのでPsホワイトクリームのようなメラニン色素に働きかけてくれる美白成分が必要になってきます。

 

メラニン色素は本来は肌を保護する役割がある

Psホワイトクリーム,メラニン色素

 

シミの原因となるものがメラニンであるため、「メラニン」と聞くと人の体にとって良いものであるとは言い難いですよね。
しかし、メラニン自体は本来、体に害のある成分ではありません。

 

本来メラニンとは、紫外線の刺激から肌の細胞を保護するために生成されるのです。
夏場などは強い刺激を受けるため、多く生成されるという事ですね。

 

細胞を保護したメラニンは、役割を果たした後に排出させるという流れとなります。

 

ターンオーバーが正常に行われていれば、メラニン色素が沈着する前に剥がれ落ちるのです。
問題なのは過剰に分泌されてしまったメラニン色素がきちんと排出されないこと。

 

肌の内側と外側から、ターンオーバーを促進させることが重要であるといえPsホワイトクリームがそのサポートをしてくれます。

 

■関連記事
メラニン色素の分泌を抑えるビサボロールの働き